有限会社 ロックスミス

鍵の交換|合鍵|鍵|錠|防犯フィルム|防犯ガラス|防犯グッズ|横浜市青葉区

ドロボウの手口

【営業時間】
店舗10~19時、電話受付は23時まで
【定休日】
無休(年末年始、お盆、GWの数日間のみ)

 

会社案内

〒225-0024
神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1169-12-2F
TEL:0120-522-369
FAX:045-979-2770
mail:key@e-locksmith.co.jp

 

HOME»  Safe Plus

Safe Plus

 

Safe Plus

 

ドロボーの手口
<こじ破り>
サッシとガラスの隙間にマイナスドライバー等を差込ひねってヒビを入れる。

<打ち破り>
音を気にせずガラス全体を割る。

 

※注1
戸建住宅では、家の周りが視界を遮るような所が多いと大変危険です!(塀や樹木等によって見通しが悪く外からの死角が多い)
※注2
2Fに上がるための足場になりやすい物がある。
(エアコンの室外機や物置などは登りやすく足場にしやすい)

 


 

機能と特徴

機能と特徴

 

セーフプラスはガラスの「飛散防止」、「耐貫通性」、「耐衝撃性」を強化します。
窓ガラスという、侵入から最も弱い部分をどう強化すれば良いでしょう。
私たちは、『セーフプラス』をご提案いたします。

 

「セーフプラス」は高い耐久性を誇るポリエステルフィルムと強力接着剤により、フィルム施工後のガラスに対し「セーフティーネット」としての機能を持たせる事が出来ます。

 

 


 

飛散防止効果

 

耐衝撃性、耐貫通性強化

 

UV99%カット

 

フィルムの構造

<フィルム性能の背景>
○米国にて創業40年の歴史がある、ジョンソン・ウィンドウ・フィルム社による製品です。
○ジョンソン社のフィルムは全て’CST'スクラッチ・レジスタンス・ハードコートにより、表面のスリ傷防止処理が施されています。
○感圧式粘着材により、強力にガラスへ密着します。

 

フィルムの構造

 

<需要と用途>
○オフィス・一般家庭等・・防犯・防盗(破壊阻止効果)・子供の怪我防止(飛散防止効果)・職場環境の改善(省エネ効果)、眼精疲労の防止(ギラツキ防止効果)、プライバシー保護(着色フィルム)、紫外線予防。
○店舗・工場等・・防犯・防盗(破壊阻止効果)・展示品の褪色予防(UVカット効果)、店舗外観のイメージアップ(色付フィルム)。
○学校・公共施設等・・防犯・防盗、事故でのガラス飛散による二次災害の予防(飛散防止効果)、省エネ効果。

 

フィルムの選択基準

フィルムの選択基準 防御レベルによるフィルムの選択基準

 

光線スペック

可視光線
透過率
太陽エネルギー遮蔽率紫外線 減少率可視光線反射率太陽光線吸収率太陽光線反射率太陽光線透過率遮蔽係数太陽熱利得係数熱貫流率
SEC 04クリア87%19%98%8%16%7%77%0.940.811.11
SEC 07クリア86%21%98%9%18%8%74%0.920.791.1
SEC 12クリア85%22%98%9%19%8%73%0.910.781.12
S7 SS 20ミラー22%74%99%48%44%41%15%0.310.261.01
S7 SB 50ブロンズ53%50%99%13%45%16%39%0.590.51.03
S7 DN 60グレー63%34%99%9%36%8%56%0.770.661.11

 

防犯スペック

防御レベル厚さ剥離強度ASTM D2582
Ave.Puncturre
Strength
British
Standard
6202 Test
ANSI
Z97.1-1984
Test
16 CRF 1201 US
Govt.Standard
Test
SEC 0444mil5 ibs/inch65 ibsClass BPassCategory 1
SEC0767mil5 ibs/inch110 ibsClass APassCategory 2
SEC 12812mil5 ibs/inch210 ibsClass APassCategory 2

 

光線に関する技術的要素

●可視光線透過率・・フィルムの濃度を表し、透過率が小さければフィルムの色は濃くなります。 
●太陽エネルギー・・遮蔽率 太陽熱の断熱効果を表し太陽光線反射率+外部放射率の値を指します。 
●紫外線減少率 ・・いわゆるUVカット率の事です。
●可視光線反射率・・目で見える光の反射率です。
●太陽光線吸収率・・太陽放射エネルギーの吸収率のことです。
●太陽光線反射率・・太陽放射エネルギーの反射率のことです。
●太陽光線透過率・・太陽放射エネルギーの透過率のことです。
●遮 蔽 係 数 ・・断熱効果を比較する指標で、小さいほど断熱性能が高くなります。
●太陽熱利得係数・・同上
●熱 貫 流 率 ・・同上

 

光線に関する技術的要素

 

防犯に関する技術的要素

●破壊強度 ・・100ポンド(45kg)の重さのバックを振り子にしてガラスにぶつけた場合、割れずにどの高さまで振り下ろす位置を高く出来るか判定する強度を言います。
●剥離強度 ・・1インチ(約2.5センチ)幅のフィルムを接着したガラス面から引き剥がす力で判定する強度を言います。
●ASTM D2582 Ave.Puncture Strength・・米国材料検査協会による、引き裂き強度のテストです。
●British Standard 6202Test・・英国標準規格協会による振り子式衝撃テストのことです。フィルムを貼ったガラスの両面から行います。class C-12inch, class B-18inch, class A-48inch
●ANSI Z97.1-1984 Test・・米国標準規格協会による振り子式衝撃テストのことです。
●16CRF 1201US Govt.Standard Test・・米国政府標準検査によるテストです。Category1-18inch,Category2-48inch

 

防犯に関する技術的要素

 

お問い合わせ

お問い合わせ・ご相談はこちら  TEL:0120-522-369 FAX:045-979-2770